MENU

薄毛に短期間で効果のある治療は特定の症状に限定される

薄毛治療に効果のある専門的な治療は一つではありませんので患者自身に最も適した方法を選択することが重要になります。そもそも、患者が薄毛になってしまう原因は日常生活の中で原因があるものと、生まれた時の体質に原因があるものと2つがあります。

 

これらの中でも、特に専門的な治療が必要になるのは後者の生まれた時の体質によって薄毛が決まってしまっている場合に限られますので実際に手術や薬による治療を受けるときにはその点を理解してから専門外来に相談に行かなくてはなりません。

 

これは、実際に専門外来に相談に行った時にも指摘されることですが、仮に生まれた時の体質で薄毛になっているわけではないということが検査の結果わかった時には、専門的な薄 毛の治療を行うことを拒否されることもあります。

 

なぜ治療を拒否されるのかというと、実際に治療行為を行ってその結果患者に対してどのような影響が生じるのかが専門の医師にもわからないからです。生まれつきの体質によって以外で髪の毛が抜けてしまっている時には、経過を観察して場合によって市販の薬を使いながら状況を確認していくこともあります。

 

また、直接的な肉体的な原因ではなく精神的なストレスなどによって髪の毛が抜けている場合でも専門的な方法で大きな効果を期待することができないので、このような場合も専門外来では経過観察を推奨されることが多いです。

 

確かに、抜け毛を治すことができる専門的な医療は存在しますが、すべての患者に対して同じように適用できるわけではな いということを重々承知してから相談しなくてはなりません。

 

先天的な抜け毛の症状に悩まされている人は必ず専門的な方法で劇的な効果を見込むことができますので、その点に関しても理解しておくように心がけましょう。

 

若はげの治療は専門の病院で受けられます

若年層のうちから頭皮がはげはじめているときには、AGAによるはげが進行している可能性が高いと考えられます。はげの原因がAGAである場合には、治療薬としてプロペシアとミノキシジルが認可を受けていますので、日本の医療機関を受診することで処方してもらえます。

 

病院に行く時間が無いという人や、近くにAGAを専門的に治療できる病院がないときには、海外から個人輸入の方法で医薬品を輸入している、代行業者のサイトから通販によって購入することで、プロペシアなどを入手できます。

 

若はげについては短期間で改善させることは難しく、効果が高いと言われているプロペシアを服用した場合であっても、半年以上の期間をかけて治療を継続させる必要があります。

 

専門的な治療が受けられるクリニックを受診して、プロペシアを処方してもらう際のメリットとして安心できる点と言えます。病院から処方を受ける医薬品を利用しての治療となりますので、注意点などについても医者から説明を十分にしてもらうことができます。

 

デメリットとしては、治療費が高くなることが挙げられます。

 

プロペシアの処方については、健康保険が適用されませんので、自由診療として治療を行うことになります。医薬品の購入費用や初診料、再診料などの費用を計算すると、1か月につき1万円から1万5000円ほどの出費が必要になると考えておいたほうが良いでしょう。

 

また、プロペシアの処方を受けられない医療機関もありますので、事前にAGAについて診てもらえるかどうか確認した上で行くことが大切になります。
AGAを克服できた

更新履歴